aga治療に使用されるミノキシジルって?

もしも頭髪の薄毛に見舞われたなら、それはagaという病気によるものかもしれません。最近では内科や皮膚科、外科などのクリニックや薄毛治療外来のある専門医院まで様々なところでaga治療を受けることが可能です。そこで受けることのできる一般的な治療としては、飲み薬と塗り薬の処方が最も代表的。飲み薬はフィナステリドという成分を含んだプロペシアなどが知られ、これによって頭髪の成長サイクルを正常化させます。さらにここにミノキシジルという外用薬を加えることで効果は増すことになります。お風呂上がりなどに薄毛部分にこれを塗ると、毛細血管が拡張され血液の流れが活発化。これによって栄養分が毛髪に過不足なく補充されるようになり、活性化させることができるというわけなのです。

使用の際には副作用の発症にはくれぐれも注意が必要

このように医療機関でも医師によって処方してもらうことのできるミノキシジルですが、aga治療においては飲み薬との併用によって大きな薄毛改善効果をもたらしてくれます。ただし、ミノキシジルには副作用を発症する危険もありますので注意が必要です。というのも、血管を拡張させて血流量を上昇させると血圧が下がるので、もともと低血圧症を患っている人にとっては心臓や血管にダメージが及ぶ危険性があります。また、全力疾走した後のような倦怠感や息切れ、鼓動の乱れ、鬱などを生じさせることがある一方、血巡りの活発化によって痒みが生じたり、ニキビや湿疹が出ることもあります。もしも事前に自分が低血圧であるとわかっているならミノキシジルの使用は控えたほうが良いでしょう。後のケースに関してはいち早く医師に症状を伝えることでその都度、指示を仰ぐことが求められます。

病院でミノキシジルの処方を受ける前にしておくべきこととは?

まずは病院でミノキシジルの処方を受ける前に、自分が低血圧かどうかをチェックしておくことが大切です。病院も一般的に血圧を測定することが多いものの、しかし最も大切なデータはその瞬間の血圧ではなく、普段どのくらいが平均で、どのくらいの変動があるのかといったこと。使用し始めてから異変に気づくことのないように、自分にとって適切な薄毛治療薬なのかどうかを確認しておく必要があります。また、ミノキシジルは薬局でも市販薬を購入することが可能ですので、病院にかかる前に試してみる分にはちょうど良いでしょう。ただしこの場合、薬剤師による指導を受けることが必要となりますので、薬剤師が常駐していない店舗や時間帯は購入することができません。そして市販のミノキシジルは医療機関で処方されるものに比べると含有量が少ないものとなりますので、そのことをきちんと踏まえた上で使用することが必要です。